KLON(クローン)の新ブランドUNGER(アンガー)!KLONのTシャツとは一味違うUNGERでスタイリッシュに!

KLONの新ブランドUNGER

クロン君

どうも、KLON君です。
とうとうソファと結婚しました。
腕時計が有名なKLONですが、アパレルも人気があって売り切れ続出なんです。
クロン君も欲しいTシャツが手に入らないことが多く悔しい思いをしています。
この度、KLONから新ブランドUNGERがリリースとなりました。
クロン君、早速買ってみましたよ。

KLON(クローン)の新ブランドUNGER(アンガー)とは?

KLONの新ブランドUNGER

UNGERはKLONのデザイナーによるアナザープロジェクト。

UNGERのコンセプトは、

ロックやまたそのカルチャーのアイコンやメッセージをファッションとして取り入れたデザインブランド『UNGER(アンガー)』。
誰しもが持つ、激しい心の衝動や、怒り、想いなどをデザインとして表現しました。
音楽やジャンルにとらわれることのない、心のメッセージとして、または、そうでありたい自分の本来の姿として。
引用:https://klonklonklon.com/

KLONと同様にカラーは白と黒の2種類でシンプルなデザインですが、UNGERのTシャツには人の喜怒哀楽の感情、どんなものでも言い表せない心のメッセージをさらけ出すことを強く意識しています。

KLONのTシャツはワンポイントで「KLON」、もしくは、不規則に並べられた文字の中に「KLON」とプリントされた2種類のデザインが基本とされていますが、UNGERは「AFRICAN DEATH METAL」「MOSH PIT」といった単語が力強く強調されたデザインとなっています。

KLONの文字のかわりに「UNGER」とプリントされており、KLONとは一味違ったデザインを楽しむことができます。

クロン君

クロン君は日によってKLONとUNGERのTシャツを使い分けています。
見かけても人見知りなんで声をかけないでください( ー`дー´)キリッ

KLON(クローン)とUNGER(アンガー)のTシャツを比較

今回、僕が購入したUNGERのTシャツは「MOSH PIT」とプリントされたタイプです。

UNGERのTシャツ

これでKLONとUNGERのTシャツを1枚ずつ手にしたわけですが、着心地にはっきりと違いがありました。

大きな違いは生地の厚さです。

  • KLON:生地薄めで軽く着やすい
  • UNGER:生地が厚めで型崩れしにくい

着てみると同系ブランドとは思えないほど別物でした。

特にUNGERは生地が厚いことで伸びにくい素材ですし、手触りも高級感があります。

長い時間着るにはKLONのTシャツが向いていて、短時間だけどおしゃれに決めたい時にはUNGERという使い分けが最適だと感じました。

クロン君

クロン君も全種類のTシャツを試したわけではないので100%ではないですが、2つのブランドにははっきりした違いがありました!

UNGER(アンガ−)は男女別にサイズが用意されている

UNGERは男女別にサイズあり

元来、KLONはユニセックスとされてきましたが、UNGERでは男女別にS・M・Lの3種類のサイズが用意されています。

ユニセックスはサイズが合うかわからないといった不安がありましたが、UNGERではその不安もなくなりました。

サイズはやや大きめと感じましたが、170cmの僕でもLサイズがゆったり着れておすすめです。

まとめ

クロン君

UNGERのTシャツをご紹介しました。
別ブランドができて購入できるデザインも増えて嬉しいですね。
KLONではおしゃれになりましょう!